謨エ菴薙€・ェィ逶、縺ョ遏ッ豁」

整体と骨盤矯正

骨盤矯正

昨今は骨盤矯正と言うのをネットやテレビや週刊誌で見かけることが多くなってきました。骨盤矯正とは、どのようなものなのか分かっている人達は少ない。「骨盤矯正」はなんなのか解説していきます。骨盤矯正のことを理解し間違いのない「骨盤矯正」を受けることができるようになります。

骨盤の歪みを治す骨盤矯正

骨盤は、左右一対の腸骨とその間にある仙骨(せんこつ)、それと仙骨の先っぽにつながる尾骨からなっています。外科などの病院の治療は普通骨盤の修正は行いません。なぜか、病院では「骨盤」は歪まないと思われていて骨盤がふんだんの生活で歪み、その歪みが体の不調の要因になったりすることは無いと思っているからなのです。(しかし一部の病院では骨盤の矯正を独自に行っている病院もすくなからずある)。例外としては、交通事故や高い所から落下したときのように強い力が骨盤に加わり「骨盤」の関節が大きくズレたとき(骨盤の関節の捻挫、脱臼のようなこと)、元どおりの状態に戻す為に骨盤を矯正する場合がある。この場合は、外科手術で骨盤の治療を行うことが多い。また婦人科では、出産後に骨盤の関節の緩みを修正するように骨盤を締め付けて安定させるベルトのような装具をすすめる病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

一般の医療で「骨盤」はズレないとされていて「整体」では骨盤はズレるといわれていてどちらが正しいのでしょうか?答えを出す前に、どんな理由でそんな違いがでるのかを解説してしてみたいと思います。まず、整体でいうところの骨盤がズレるというのは病院などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼なのどように、レントゲンなどの画像で分かるようなひどいズレは扱うことはありません。

病院では?

外科などの一般医療では、レントゲン写真などの画像診断で見て分からないくらいのズレは痛みなどの身体の不調の要因になりえないと考えます。これ以外にも骨盤の可動性は微妙で例外的なのは出産の時に可動するくらい。中年以降は腸骨と仙骨はくっついてしまうので「骨盤」は通常稼働しないと考えているようです。

整体などの手技療法では?

手技療法で行う骨盤矯正では、普段の治療で骨盤の少しの歪みを矯正することで患部の痛みがよくなるのを経験しています。実際「骨盤」の仙腸関節の周辺には神経、筋肉、靱帯、が存在し少しの歪みでも筋肉、靱帯、神経を刺激してしまいます。レントゲンなどの写真で歪みが写らなくても「骨盤」がズレていてその骨盤を調整する必要があると「整体」で考えるのはこのためです。

骨盤の歪みは痛みの原因になる

ズレた「骨盤」は、色々な痛みを体に出現させます。「骨盤」がひずむと骨盤に乗っている脊椎がズレます。背骨が湾曲すると脊椎の中の神経や、肉体を支える筋肉や靱帯、全身の臓器に栄養や酸素を送る血管などに負荷がかかりこれらは、それも全て身体にとって凄く重要なものでどれか一つが侵されても体に異常が起こるようになります。

骨盤が原因の神経圧迫

背骨がひずむと背骨より出ている神経の機能が狂います。内臓機能の障害や運動器官の障害など体の色々な部分が神経でコントロールされているので、すべての体の障害に関連してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

ズレた肉体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に大きな負担がかかってくる為、慢性的な凝りや痛みの原因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

体が歪むことによる血行不良

体のズレによって血管などを圧迫すつことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの原因になります。

整体で行う骨盤矯正

手技療法などによる「整体」の「骨盤矯正」は主に手によってなされます。矯正器具や矯正ベッドなど使用することもありますが、一般的には手でします。また、骨盤ベルトのような「骨盤」を固定する器具も用いる場合もあるみたいです。一般に矯正の痛みは無いのが普通なのですが、その中には強い力で無理に矯正を、用いる治療師もいます。正常な骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の可動域は非常に狭く大きく動くことはない。このわずかな可動域を調整により可動させるので通常強い力を用いることはないのです。

現実の整体の骨盤矯正

骨盤の仙腸関節は靱帯や筋肉でつながっていますが、靱帯や筋肉の柔軟性の許す範囲でしか骨盤の関節は動くことはできない。「「骨盤」が広がっているから骨盤を閉じれば「骨盤」が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」のようなことをテレビ、雑誌、ネットなどで見ますが、騙されないで。骨盤にどんなに力を加えても眼で見て分かるほどの動きはしません。このような宣伝をする「整体」骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えるなどして治療します。凄く強い力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う方もいると思いますが、目に見えて分かるほど可動した場合は骨盤の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限度を超えてしまうため、筋肉や靱帯を損傷してしまいます。治療した後に変わったと感じる人もいるみたいですが勘違いのようなもので変ったような感じがしているだけなんです。骨盤の仙腸関節に損傷がなければ「骨盤」が目に見えて変化が分かるほど可動していることはない。かりに見た目で違いが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の靱帯や筋肉は損傷しているはずであり、仙骨と腸骨の関節の間の痛みが生じているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?

例外的に骨盤が通常以上に可動する場合があります。それは、出産する時です。出産する時は、ホルモンの作用によって骨盤の関節がゆるみ骨盤が開くように動きやすくなったりします。出産の時には恥骨の間が2㎝くらい開きますが、出産の時以外では骨盤の仙腸関節は柔軟性はないのです。出産時でも決して大きく広がらない骨盤が見た目で分かるほど調整で大きく動くことはありません。歯列矯正のように数年にわたって常に力をかけるような骨盤ベルトなど使用すれば少しずつですが矯正していくことはできるでしょうが実際には無理があります。

骨盤矯正をしよう!

整体でする「骨盤矯正」は、体形などを変えるものではなく、身体をバランスのとれた健康な状態に正すことが目的なんです。骨盤の腸骨と仙骨の関節がちょっとの歪みでも痛みなどを発症することもあるし、骨盤の少しの歪みを肉体全体をひずませ健康に大きな影響を与えます。骨盤を治して体をバランスがとれた良い状態に戻すことで健康を保ち凝りや痛みを治します。もしも骨盤がズレていると思うのであれば、骨盤矯正をしてみるのもいいと思います。骨盤は、体の土台です。骨盤が歪めば身体全体が傾きます。健康な体は姿勢から!「整体」矯正はとても効果的な助けになる。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛首の痛み肩こり背中の痛み腰痛ぎっくり腰椎間板ヘルニア慢性疲労姿勢矯正猫背矯正側弯症骨盤矯正産後の骨盤矯正o脚矯正x脚矯正カイロカイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です