鬪ィ逶、縺ョ遏ッ豁」豕・ 鬪ィ逶、繧呈紛縺医k

骨盤矯正と整体

骨盤矯正

近頃は骨盤矯正という言葉をテレビや週刊誌やネットで見かけることが多くなりました。「骨盤矯正」とはなんなのか分かっている方は多くない。「骨盤矯正」はどんなものなのか解説してみる。「骨盤矯正」のことを理解し間違い無い骨盤矯正を受けることができるようにしましょう。

骨盤矯正とは骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、左右一対の腸骨とその間にある仙骨、それと仙骨の尖端につながる尾骨からなっています。整形外科などの病院の治療ではふつう骨盤の修正はしません。なぜだと思いますか?一般の整形外科では骨盤はズレないと思っていて「骨盤」が普段の生活でズレてそのズレが身体の異常の要因になるようなことはないと思っているからです。(だがしかし一部の整形外科で骨盤の矯正を独自にしている整形外科も少ないながらもある)。例外になるものとしては、高い所から落下したり交通事故にあったりしたときのように強烈な力が骨盤に加わり「骨盤」の関節が大きく歪んだ時(「骨盤」の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元どおりの状態に戻すように「骨盤」を施術することがある。この場合、手術によって「骨盤」の治療をすることが多いみたいです。また婦人科では、産後に「骨盤」の関節の歪みを調整するように骨盤を締め付けて安定させる骨盤ベルトのような装具を奨める病院が増えてきました。

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

一般の医療では、骨盤はズレないと言われ、整体では「骨盤」はズレると考えられていていったいどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どのような理由でそのような違いが出るのかを説明してみます。まず、整体でいうところの骨盤が歪むというのは病院などでいう骨盤の関節の脱臼や捻挫みたいにレントゲンなどの画像診断でわかるようなひどい歪みは扱いません。

病院では?

病院などの医療ではレントゲンなどの画像で分からないくらいのズレは痛みなどの身体の不調の要因になることは無いと考えます。これ以外にも「骨盤」の可動性は少しで例外的に出産時に可動する程度。中年くらいになると仙骨と腸骨はくっついてしまう為、骨盤は通常可動域は無いと考えらているようです。

骨盤矯正と整体

手技療法でおこなう骨盤矯正では、常日頃から「骨盤」の微妙なひずみを矯正したことで患部の痛みが無くなるのを体験します。現実に骨盤の仙腸関節の周辺には靱帯、神経、筋肉がありわずかなズレでも筋肉、靱帯、神経を刺激してしまいます。レントゲン写真のような画像診断で歪みが認められなくても骨盤がひずんでいてそれを矯正する必要があると「整体」で言うのはこの為です。

骨盤の歪みは痛みの原因になる

歪んだ骨盤は、いろいろな痛みなどを肉体にもたらします。「骨盤」がひずむと骨盤に乗る背骨が湾曲します。脊椎がひずむと脊椎の中に入っている血管や神経、体を保持する筋肉や靱帯、全身の臓器に酸素や栄養を送る血管に負担がかかります。これらは、全て肉体にとってすごく重要なものでどれか一つが侵されても筋肉や内臓に異常が起こります。

骨盤が原因の神経圧迫

背骨がひずむと脊椎から出ている神経の機能が狂います。内臓機能の障害や運動機能の異常など体の様々な部分が神経の情報で操られているので全ての体の障害に関係してきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

歪んだ肉体は、関節、筋肉の緊張、靱帯に大きな負担がかかってくるため凝りや痛みの要因になったり、運動機能の低下などももたらします。

脊椎、骨盤が歪むことによる血行不良

肉体のズレによって血管などを圧迫すつことで、血行不良による「冷え」や「むくみ」などの原因になります。

整体と骨盤矯正

民間療法などの「整体」の骨盤矯正では、おおくの場合手によってなされます。矯正器具や矯正ベッドなど使用する場合もありますが、一般的には手でするようです。また、骨盤ベルトのような骨盤を固定する器具も使用することもあります。一般的に修正の痛みをともなわないのが普通なのですが、中にはとても強い力で無理に施術を行う方法をもちいる治療師もいます。正常な骨盤の場合は、骨盤の仙腸関節の動きはすごく狭く大きく可動することはない。このわずかな動きを治療により可動させるので普通は強い力を使用することはない。

現実の整体の骨盤矯正

「骨盤」の仙腸関節は筋肉や靱帯でつながっていますが、筋肉や靱帯の柔らかさの範囲でしか骨盤の仙骨と腸骨の関節は動くことはできない。「「骨盤」が開いているから、骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、テレビ、ネット、雑誌などで見ますが、騙されないで。骨盤にどれだけ力を加えても眼で見て分かるほどの動きはしません。このような宣伝をする「整体」は、骨盤の上に乗るなどして大きな力を加えるなどして施術します。大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい可動すると思う人達もいるようですが、見た目で分かるほど可動したときは「骨盤」の仙腸関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまう為、筋肉や靱帯を損傷してしまいます。治療前後で変化したと感じる方達もいるようですが、プラシーボ効果みたいなもので変わったような気になっているだけなんです。骨盤の仙骨と腸骨の関節に損傷がなければ「骨盤」が目に見えて違いが分かるほど可動していることはないのです。かりに見た目で動きが分かるほど骨盤が可動したのであれば、仙骨と腸骨の関節の間の筋肉や靱帯は傷めているはずであり、仙骨と腸骨の関節の間の痛みが生じているはずです。

出産後の骨盤矯正は例外?

例外として骨盤が、通常以上に可動する場合がある。それは出産する時です。出産時は、ホルモンによって「骨盤」の関節が緩み骨盤が開くように動きやすくなっていきます。出産の時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産時以外では骨盤の関節は柔軟性はないのです。出産時でもそんなに大きく開かない骨盤が外見で分かるほど矯正で大きく可動することはありません。歯列矯正のように数年にわたって力をかけるようなベルトなど使用すれば徐々にですが動かしていくことはできるでしょうが実際には無理があります。

骨盤の矯正をしてみよう!

「整体」で行われている「骨盤矯正」は体形などを変えるようなものではなく肉体をバランスの整った健康な状態に戻すことが目的なんです。骨盤の腸骨と仙骨の関節が多少の歪みでも痛みなどを発することがありますし、骨盤の微妙な歪みが肉体全体を歪ませ健康などに影響を与えます。骨盤を整え身体をバランスのとれた理想的な状態に保つことで、健康を保ち凝りや痛みを解消します。もしも「骨盤」が歪んでいると思うのであれば、「骨盤矯正」をしてみるのもいいでしょう。骨盤は肉体の基礎です。骨盤が歪めば体全体が傾きます。健康な身体は正しい姿勢かた¥ら!整体の治療法はとっても有効な助けになる。

カイロプラクティック整体頭痛片頭痛肩凝り背中腰痛ぎっくり腰ヘルニア疲労姿勢猫背側弯骨盤産後の骨盤o脚x脚整体カイロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です