謨エ菴薙・鬪ィ逶、遏ッ豁」縺ィ鬪ィ逶、縺ョ豁ェ縺ソ

浜松市西区、整体

【ゆっくり解説】頭がおかしい…酷いいたずらが原因で起きた最悪の出来事

NAA’s Ranger II – A Break Top Mini Revolver| Gun Talk

【ゆっくり解説】アマゾンに生息する危険生物8選

【Vol.81】必ず換える消耗品。

こうしてあなたは損をする。

求めるメリットと許容できるデメリット。

他、いろいろな質問に回答【GS-RADIO】

日本軍の屠龍とB29 「二式複座戦闘機」を解説してみる【ゆっくり解説】

【ぶっちゃけ】4Kモニターってさぁ…本当に必要?実際に買ってみた

骨盤矯正と整体

骨盤矯正

近頃は「骨盤矯正」と言うものを週刊誌やテレビで見かけることが増えました。

「骨盤矯正」とはなんなのか解っている人は少数です。

「骨盤矯正」はなんなのか解説してみます。

骨盤矯正のことを知り間違いの無い「骨盤矯正」を受けることができるようになるでしょう。

骨盤矯正は、骨盤の歪みを矯正すること!

骨盤は、左右一対の腸骨(ちょうこつ)とその間にはさまれている仙骨、それに仙骨(せんこつ)の先に付いている尾骨からなります。

整形外科などの病院の治療では一般的に「骨盤」の治療は行いません。

なぜかと言うと、整形外科では「骨盤」はズレないと考えていて骨盤が普段の生活でズレてその歪みが身体機能の異常の要因になることはありえないと考えているからなのです。

(だがある一部の病院で骨盤の調整を独自のやり方でしている病院もすくなからずある)。

例外としては、交通事故や高い所から落下したときのように強い力が骨盤にかかり骨盤の関節が大きくズレた時(骨盤の関節の捻挫、脱臼みたいなこと)、元の状態に戻すように骨盤を治療する場合があります。

この場合、手術のようなかたちで「骨盤」の施術をおこなうことが多いようです。

また婦人科では、出産後に骨盤の関節のゆるみを調整するように骨盤を絞めて固定するベルトのような装具をすすめる病院があります。

 

骨盤は歪むのか?歪まないのか?

病院などの一般の医療で骨盤はズレないとされており整体などの手技療法では骨盤はズレるといわれていてどちらが正しいのでしょう?答えを出す前に、どんな理由でそんな考え方の違いが出るのかを説明してみます。

まず、整体でいうところの「骨盤」が歪むと言うのは、整形外科などでいう骨盤の関節の捻挫や脱臼なのどように、レントゲン写真などの画像診断で見て分かるようなひどいズレは扱いません。

一般の医療では?

整形外科などの医療ではレントゲン写真などの画像診断で見て分からないくらいのズレは痛みなど身体の不調の要因になりえないと考えます。

これ以外にも骨盤の動きはわずかで例外的に出産の時に可動する程度。

歳をとると仙骨と腸骨はほぼ癒着してしまうため骨盤は通常可動域は無いと思っているようです。

整体の骨盤矯正

整体でおこなう「骨盤矯正」は、普段の治療で骨盤のほんの少しのズレを調整していくことで患部の痛みがよくなるのをよく目にします。

事実骨盤の仙腸関節の周辺には神経、筋肉、靱帯、などが存在しちょっとのズレでも神経、筋肉、靱帯、を刺激する。

レントゲンのような画像で歪みが認められない場合でも骨盤がズレていてそのひずみを調整する必要があると「整体」で言うのはこの為です。

骨盤の歪みはさまざまな痛みの原因になりやすい

ひずんだ骨盤は、いろいろな不調などを肉体にもたらします。

骨盤がひずむと骨盤に乗る脊椎がひずみます。

脊椎が湾曲すると背骨の中に入っている血管や神経、身体を支える靱帯や筋肉、全身に血液を送る血管などに大きな負担がかかりこれらは、どれも体にとって凄く重要なものでどれが障害されても筋肉や内臓に異常が起こります。

骨盤が原因の神経圧迫

背骨がひずむと背骨より出る神経の機能が障害されます。

内臓機能の異常や運動機能の障害など身体のいろいろな部分が神経の命令で操られているのですべての肉体の異常に関わってきます。

靱帯、関節、筋肉にかかる負担

ひずんだ肉体は、関節の動き、筋肉の緊張、靱帯に異常な負荷がかかってくる為、凝りや痛みの要因になったり、運動能力の低下とかももたらします。

歪みによる血行不良

肉体のズレによって血管を圧迫すつことで、血行不良による「むくみ」や「冷え」などの要因なってしまう。

整体でおこなう骨盤矯正

民間療法などの整体の「骨盤矯正」は、多くの場合手によってされます。

矯正器具や矯正ベッドを使用することもありますが、一般には手技でするようです。

また、ベルトのような骨盤を圧迫する装具も使用する場合もあります。

一般に調整の痛みをともなわないのが普通なのですが、中には凄く強い力で無理に修正を行う方法をもちいる整体師もいる。

普通の骨盤の場合は、「骨盤」の関節の可動性は凄く狭く大きく可動することはありません。

この少ない動きを修正により可動させるので通常大きな力を必要とすることはないのです。

整体で行っている骨盤矯正

骨盤の関節は筋肉や靱帯で強くつながっていますが、筋肉や靱帯の柔軟性の範囲でしか骨盤の関節は動くことはできないのです。

骨盤が広がっているから骨盤を閉じれば骨盤が小さくなってお尻も小さくなってスタイルが良くなります」みたいなことを、ネット、テレビ、雑誌で見られますが、騙されないように。

骨盤にどんなに力を加えても眼で見て分かるだけの動きはしない。

こんな広告をする「整体」は、骨盤の上に乗るなど強い力を加えて治療します。

すごく大きな力を加えれば眼で見て分かるくらい動くと考える人もいるようですが、見た目で分かるほど動いた時は骨盤の仙骨と腸骨の関節を支える筋肉や靱帯の柔軟性の限界を超えてしまう為、靱帯や筋肉を傷めてしまいます。

治療した後変わったと思う人達もいるみたいですが勘違いみたいなもので変ったような感じがしているだけなんです。

「骨盤」の仙腸関節に損傷が無ければ(痛みとかが出なければ)、「骨盤」が見た目で変化が分かるほど可動していることはありえません。

逆に見た目で違いが分かるほど骨盤が動いたのであれば、腸骨と仙骨の間の関節の筋肉や靱帯は損傷しているわけであり、関節の強い痛みが発生するはずです。

出産後の骨盤矯正

例外的に骨盤が、普通異常に動く場合があります。

それは、出産する時です。

出産する時は、ホルモンによって「骨盤」の関節がゆるんで骨盤が、広がるように動きやすくなっていきます。

出産の時には恥骨の間が2㎝くらい広がりますが出産時以外では「骨盤」の恥骨の関節は柔軟性は無いのです。

出産の時でもそんなに大きく動かない「骨盤」が眼で見て分かるほど治療で大きく動くことはありません。

歯列矯正のように数年にわたって常に力を加えるような骨盤ベルトなど使えば少しずつですが動かしていくことは可能でよしょうが実際には無理だと思います。

骨盤矯正をしてみよう!

整体でおこなわれている「骨盤矯正」は体形などを変えるものではなく、体をバランスのとれた健康な状態に正すことが目的です。

骨盤の仙腸関節は、多少のズレでも痛みを発症することもありますし、骨盤のわずかな歪みを肉体全体を歪ませ健康に影響を与えます。

骨盤を治して体をバランスがとれた良い状態に戻すことで健康を保って凝りや痛みを解消します。

もしも「骨盤」がズレていると思うのであれば、骨盤矯正をやってみるのもいいでしょう。

「骨盤」は、体の基礎です。

骨盤が傾けば背骨が傾ていしまいます。

健康な体は姿勢から!「整体」の治療はすごく有効な助けになる。

骨盤矯正、整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です