肩凝り、カイロ

猫背

【今すぐ確認】パソコンの健康状態をチェックしよう!

sub250speed drone | sub250speed toka1408 3600kv t75mmx5 hqprop fettec aio35 6s550 95c

【ゆっくり解説 歴史】悪魔の歴史ーデーモン、サタン、デビルそれぞれに違いはあるの?悪魔学考察

APFSDS vs ABRAMS & LEOPARD 2 UPPER PLATE | apfsds critical angle

【2ch面白スレ】看護師しかしらない裏話や恐怖体験がヤバすぎる【ゆっくり解説】

世界の登れないぶっ壊れ山9選【ゆっくり解説】【総集編】

陽だまり めぞん一刻 Live

【ゆっくり解説】死後の世界とたどり着く7つのパターン

電源が入らないcore-i7搭載17インチノートPCの修理

「いま、地球が目覚める」

森の一軒家に侵入した強盗。

中を覗いて慌てて逃げようとしますが、すでに手遅れでした。

【戦車解説】前線張ってる主力戦車が50年前の骨董品!?T-72【軍事解説】

ぎっくり腰
整体
浜松市
側弯

整体
整体(せいたい)とは、日本語では一般的に手技(しゅぎ)を用いた民間療法代替医療を表す言葉です。

また体を整える施術(せじゅつ)全てについて用いられる言葉。

日本語として大正時代に利用されるようになった言葉でアメリカで体系づけられた手技療法・オステオパシーを「整体」と言い換えたのが始まりのようである。

今現在ふつうに使われる意味では「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 に似た背骨矯正術(主に背骨・骨盤)を目的とした手技療法を指してもちいられるケースが多い。

脊椎・骨盤・四肢など、体全体の骨格や関節の歪み・ズレの調整、骨格筋の調整を、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と補助道具で行う治療およびそれらの方法を指しているという意見もあるが統一された形態はない。

手技的治療法により多種多様の病態を治すことを目指す治療方法は「マニピュレーション」と総称されるが、この代表ともいえるものが「カイロプラクティック」 Chiropractic と「オステオパシー」である。

自然治癒力を活かすことと手技療法が治療の中心であるという共通点があるが、治療の哲学や着手の仕方は違います。

どちらも19世紀後半にアメリカ(米国)で生まれた施術であります。

カイロプラクティック(背骨矯正術)は椎骨関節の「サブラクセーション」(亜脱臼)を手技によって調整「アジャスト」し、肉体を自然回復させようとする施術(せじゅつ)。

オステオパシーは肉体の骨格の歪みは血液の循環んに悪い影響を及ぼし、神経の伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を妨げると考え、脊椎だけでなくすべての筋肉や骨格、内臓器、頭蓋骨が施術方法の対象となります。

脳髄液の流れの回復やリンパ液の流れの改善も目的としています。

カイロプラクティック(脊椎矯正法)又はオステオパシー (Osteopathy)の理論・技術は整体指圧などの日本の手技療法に大きな影響を与えました。

整体(せいたい)には決められたやり方は無くやる人によってすることは違う。

大正のころ日本に伝えられたオステオパシー (Osteopathy)やカイロプラクティック(背骨矯正術)などの欧米伝来の徒手療法を主とする整体、日本古来の格闘術の柔術や骨法などの流派に伝承される施術を取り入れた整体(せいたい)、中医学の手技を使った整体(せいたい)、各団体の独特の理論や思想など加味した整体など存在するともいわれる。

民間療法で、医療制度から見て代替医療の一種ですが、保険の適応外であるので、一般の医療と一緒に一般医療の現場で治療として用いられることはない。

法制度からは医業類似行為の一種とされる。

「整体術」・「整体法(せいたいほう)」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも呼ばれています。

明治に出現した民間療法で、指圧、カイロプラクティック(Chiropractic) 、オステオパシー、光線療法、電気治療などの方法を用いて保険治病の目的で業をなすことを「療術」といいますが、整体もこの一種とされています 。

整体は、理論・技術が共通でないため、整体(せいたい)を冠する治療家個人が、自論を語っている。

カイロプラクティック(背骨矯正法)の様な「科学的」・物理的施術と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で臨床に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの論理の寄せ集めとなっている。

肉体の骨格の関節(脊柱・骨盤・・四肢・等)の歪み・ズレの補正と骨格筋のアンバランスの調整などを中心に手を使用した矯正(道具を使う場合も)で行う治療である。

整体

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です